{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

Amabile Regular

¥2,640 税込

※こちらはダウンロード商品です

Amabile-Regular.zip

8.15MB

------------------------------------------------------------------- We no longer offer free Regular weights for OpenType. ------------------------------------------------------------------- ■About Amabile The typeface name is "Amabile". It means "lovely" in music terms. ■Characteristics of Amabile The design feature reflects the feature of Japanese typeface "Waon", as the depending latin characters of which this typeface is designed. Motif of quarter note "Amabile" briefly expresses the "basic concept of Waon, to express a music with typeface". Firstly we started designing [d] and [p] for the basis of the feature of quarter note with slant oblong. Then we derived the form of other characters with this basic design. Latin characters, especially the lower case ones, have an arc for their basic form. We made the most of them and designed the plesurable mood with large counter. Separating parts those properly are joined Almost all of the characters in "Waon" have a feture that the part of the character is separated intentionally. "Amabile" have this feature too. This design feature produces an effect like a staccato in music note over the composition of letters. Ending line with a gentle curve Following the feature of "Waon", "Amabile" also have the feature that the stems and strokes in the ending line expresses the trajectory of the tact that the conductor swung down. This gentle curve is a feature not found in other typefaces, and mellowness is added to letters, and when assembled, unique lightness like operetta is born. Tall X-height The sans serif typeface is generally designed with a tall X-height. As a result, one letter is bigger and the contemporary atmosphere becomes stronger than the serif typeface. "Amabile" further raises the X-height, there is not much difference between uppercase and lowercase letters. By designing a lowercase arc a little more strongly, we express fun and loveliness. Uppercase letters those dare to break theory We dare to sway the centeroid of the upper case characters. For example "A". We shifted the position of the apex (top pointed tip) to the right greatly. At first glance this design feature leads to misunderstand that the character is italic form. We made the biggest adventure with the first letter. In addition to that, we set the position of the center of gravity of the character with the two-story structure to the opposite position ("H", "K", "P", "R, "X", "Y"), or the upper and lower contrast to the extreme ("B", "E", "F", "G", "S") so that we can make a bigger rhythm. More character types The non-Japanese characters in the Japanese font are basically composed with Latin, Cyrillic, and Greek. In addition to these 3 types of characters, "Amabile" have the capability of 87 languages by extending character types so called "W1G", which consists of Latin supplements, Cyrillic supplements, Greek supplements, Latin extensions. ------------------------------------------------------------------- OpenType の Regular ウェイトの無料提供は終了しました。 ------------------------------------------------------------------- ■Amabile について 書体名は「Amabile(アマービレ)」。音楽用語で「愛らしく」という意味があります。 ■Amabile の特長 「和音」の従属欧文として制作された性格上、当然ながら「和音」の特長を反映したデザインになっています。 四分音符をモチーフ 「和音」の基本コンセプトである「文字で音楽を表現する」を、最も端的に文字通り「表現」しているのがこの「Amabile」です。 楕円形を斜めに配した四分音符をイメージし、最初に小文字の [d] [p] を基本形としてデザイン。これをもとに他の文字種のフォルムを派生させていきました。欧文の、特に小文字は円弧が基本形にあるため、それを最大限に活かし、ふところの深い楽しい雰囲気の文字に仕上げました。 本来交わる部分を離す 「和音」はほとんどすべての文字のどこか1か所が切れて離れたデザインになっています。したがって、「Amabile」もそれを踏襲しています。この措置が、組んだときにスタッカートのようなアクセント豊かな効果を生んでいきます。 ゆるやかなカーブを描く収筆 これも「和音」の特長を踏襲しています。収筆(筆順の最後)のステム(縦画)、ストローク(斜画)に、指揮者が振り下ろすタクトの軌跡を表現しました。このゆるやかなカーブは他の書体にない特徴で、文字にまろやかさが加わり、組んだときに、まるでオペレッタのような独特の軽やかさが生まれます。 背の高いエクスハイト サンセリフ書体は、一般的にエクスハイトが高めにデザインされています。それにより一文字ひともじが大きめになり、セリフ書体と比べて、現代的な雰囲気が強くなります。 「Amabile」は、さらにエクスハイトを高めにし、大文字と小文字の差があまりありません。小文字の円弧をより強めにデザインすることで、楽しさ愛らしさを表現しました。 あえてセオリーを崩した大文字 文字の重心をあえて崩した作りになっています。たとえば [A]。アぺクス(上部の尖がったところ)の位置を大幅に右にずらしました。一見すると「イタリック?」と勘違いします。最初の文字で最大の冒険をしました。 そのほかにも、上下2段の構造を持った文字の重心を、本来とは逆の位置 [H] [K] [P] [R] [X] [Y] 、もしくは上下のコントラストを極端 [B] [E] [F] [G] [S] にし、より大きなリズムを刻めるようにしました。 文字種をより充実 ほとんどの和文書体の従属欧文は Latin, Cyrillic, Greek の3種類が基本です。「Amabile」はこの3種類に Latin 補助、Cyrillic 補助、Greek 補助、Latin 拡張などを加えた、いわゆるW1Gの規格にプラスアルファし、87か国言語を表現できる多言語フォントに生まれ変わりました。 グリフ形状は、比較的自由にデザイン表現が可能な Latin 以外は「Amabile」の特徴を残しつつ、ネイティブの形状を壊さない、ぎりぎりの選択を施してあります。 ■Weights Complete family Light Regular Medium DemiBold Bold ExtraBold Heavy ExtraHeavy Black ■ウェイト フルウェイト ライト レギュラー ミディアム デミボールド ボールド エクストラボールド ヘビー エクストラヘビー ブラック ■Recorded Characters Recorded Characters : W1G compliant 795 Characters Basic Character Unicode Variants OpenType Variants Latin Diacritics Latin 1 Supplement Latin Extended-A Latin Extended-B Non-European and historic Latin Croatian digraphs matching Serbian Cyrillic letters Pinyin diacritic-vowel combinations Additions for Slovenian and Croatian Additions for Romanian Additions for Livonian Miscellaneous addition IPA Extensions(some) Cyrillic Greek ■収録文字 収録文字 : W1G準拠 795文字 基本文字 Unicode バリアント OpenType バリアント ラテンダイヤクリティクス ラテン補助 ラテン拡張A ラテン拡張B 非ヨーロッパおよび歴史的なラテン文字 セルビアのキリール文字に対応するクロアチア合字 ピンイン―母音組合せ スロベニア語およびクロアチア語用追加 ルーマニア語用追加 リボニア語用追加 その他の追加 IPA拡張(一部) キリル文字 ギリシャ文字 ■Operating environment Macintosh Hardware / Macintosh running any version of MacOSX 10.0.0 or later up to macOS 10.15 without stress. Hard disk space / 4MB of hard disk space per one weight. * OpenType can continue to be used even if the OS version is upgraded in the future. * Technically, it can be displayed and printed on MacOS 8.6 to 9.2.2 and MacOS X 10.0 to 10.9 with ATM installed, but it is not supported in accordance with Apple's support cycle. Windows Hardware / PC/AT compatible machine that can run Windows2000, WindowsXP, WindowsVista, Windows7, Windows8, Windows8.1, or Windows10 without stress. Hard Disk Space / 4MB of hard disk space per one weight. * OpenType can continue to be used even if the OS version is upgraded in the future. * Technically, it can be displayed and printed on all of the above versions, but Windows 8.1 and earlier are not supported in accordance with Microsoft's support cycle. ■使用環境 Mac ●ハードウェア / MacOSX 10.0.0 以降 macOS 10.15までの各バージョンのいずれかがストレスなく動作する Macintosh ●ハードディスク容量 / 1ウェイト毎に4MBのハードディスクスペース ※OpenTypeは、将来的にOSのバージョンが上がっても継続してご利用いただけます。 ※技術的には ATM をインストールした MacOS 8.6〜9.2.2、MacOS X 10.0〜10.9 で表示・印刷は可能ですが、Apple 社のサポートサイクルに則り、サポート対象とはしておりません。 Win ●ハードウェア / Windows2000、WindowsXP、WindowsVista、Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10 の各バージョンのいずれかがストレスなく動作する PC/AT 互換機 ●ハードディスク容量 / 1ウェイト毎に4MBのハードディスクスペース ※OpenTypeは、将来的にOSのバージョンが上がっても継続してご利用いただけます。 ※技術的には 上記すべてのバージョンで表示・印刷は可能ですが、Windows8.1 以前は Microsoft 社のサポートサイクルに則り、サポート対象とはしておりません。